協会規約

協会規約

協会規約

第1章 名 称

第1条

この会は、一般社団法人栃木県理学療法士会、一般社団法人栃木県作業療法士会、一般社団法人栃木県言語聴覚士会(以下、三団体)で構成し、栃木県リハビリテーション専門職協会(以下、本会)と称する。

第2章 目 的

第2条

本会は、三団体の連携のもと、リハビリテーション医療・介護等の発展および向上に努め、もって県民の保健・医療・福祉の向上に寄与するとともに、会員相互の資質の向上と交流を図ることを目的とする。

第3条

本会は、目的を達成するために、以下の事業を行う。

  1. 地域リハビリテーション活動支援事業に関する人材育成と派遣
  2. 訪問リハビリテーションに関する人材育成
  3. 災害時のリハビリテーションに関する人材育成と啓発事業
  4. 調査・研究
  5. 行政および自治体等(県・市町等)の事業委託および相談
  6. その他、目的を達成するために必要な事業

第3章 会議

第4条

  1. 本会は、総会とその他の臨時総会からなる。
  2. 総会は、年1回以上行うことを原則とする。
  3. 臨時総会は、必要に応じて本会会長が招集・開催できる。

第5条

本会は、以下の事項を決議する。

  1. 事業計画および予算案およびその変更について
  2. 事業報告および決算案について
  3. 規約の改正等

第6条

本会の議決は、総会・臨時総会での会長・副会長の全員一致(欠席・棄権を認めない)を原則とする。
全員一致に至らない場合には、当該案件については継続審議または廃案とする。

第4章 役員(構成)

第7条

本会は、会長、副会長、事務局長、代表委員、地域包括ケア・介護予防推進部会委員、訪問リハビリテーション推進部会委員、災害対策リハビリテーション推進部会委員、監事によって構成される。

第8条

  1. 本会の会長は、三団体から推薦された委員より互選する。
  2. 会長は、本会の会務を執行する。

第9条

  1. 副会長は、会長を補佐し、本会の会務の推進に努めなければならない。
  2. 副会長は、会長が指名する。
  3. 副会長は2名程度とする。

第10条

事務局長は会長の指名によって決定される。

第11条

各部会委員長は、三団体から推薦された者を会長が指名する。

第12条

各部会委員は、三団体から推薦された者とする。
議題によって、会長ないし副会長の了解のもとに、三団体の関係者を出席させることができる。

第13条

  1. 監事は,本会の職務執行の状況を監査し,法令で定めるところにより,監査報告を作成する。
  2. 監事は、会長が2名指名する。

第14条

会長、副会長、事務局長、各部会長、監事の任期は2年とする(但し、再任は妨げない)。

第5章 委員会等

第15条

  1. 部会として、地域包括ケア・介護予防推進部会、訪問リハビリテーション推進部会、災害対策リハビリテーション推進部会をおく。
  2. 部会の改廃は、本会議決により改定できる。

第6章 事務局

第17条

本会事務局は、事務局長の所在地に置く。

第18条

  1. 事務局は、本会の活動に必要な業務を行うとともに、事業計画・予算書、事業報告・決算書、会議録等を作成し、保管する。
  2. 事務局は、各部会での事業計画・事業報告、予算・決算等の統括を行う。

第19条

  1. 運営費は、三団体の補助金と研修会費等とする。
  2. 三団体の拠出金額については、本会議決により決定し、各士会の承認を得る。
  3. 県・各市町等の委託金等も指定事業に限って運営費に充てることができる。

第20条

本会の会計は,一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従うものとする。

第7章 規約の改正等

第21条

規約の改正にあたっては、本会議決により行う。

第22条

本会の解散は、本会議決により行う。

第23条

解散時に財産がある場合は、三団体会員数を考慮し配分する。

附則

  1. 本規程は、平成30年4月1日から施行する。
  2. 本規程は、平成31年4月17日から施行する。